おしどり登山隊                                      |TOPページへ山便りへ ホームへ 
 五段城(ごだんじょう):1455.6m        高知県梼原町(ゆすはらちょう)

 山の概要
  五段高原は四国カルストの中央に位置し、その最高点が五段城です。
  四国カルスト観光のメインである姫鶴平、五段高原、天狗高原と連なるカルスト台地の素晴らしい景観が広がり、最高のドライブ
  コースとなっている。
 Route Map
 Road Map 

 2017年9月3日(日曜日)
  晴れ

 大野ヶ原12:30.。。。。13:00姫鶴平.。。。。五段高原.。。。。天狗高原。。。。14:30天狗荘

 行動時間:1時間30分
 昼食時間:ー
 
 大野ヶ原を後にし、県境尾根の沿って走る四国カルスト縦断線を進むと、四国カルストを2分する地芳峠に着く。愛媛県松山市から国道
 440号線を通り、四国カルストを目指すと、ここが四国カルストの入口になる。
 地芳峠から狭い道を10分ほど登ると視界が開け、広大な緑と石灰岩の白が目に飛び込んでくる。この最初の高原が姫鶴平(ひづるだい
 ら)だ。ここに建つ三角屋根が印象的な姫鶴荘は、姫鶴平のランドマークでもあり、四国カルスト観光の拠点でもある。
 四国カルストの撮影ポイントとなっている姫鶴荘前の駐車場は車で溢れ、駐車どころではない。そこから300mほど行った左側に広い駐車
 場があり、そこに停める。その先の広場では、何かのイベントが開かれており、美しいオカリナの音が聞こえてくる。広場の先にある展望台
 に登り、カルストの大展望を見渡す。西には先ほど登った大野ヶ原・源氏ヶ駄馬が、東には白い石を散りばめた五段城が・・・・・・。
 素晴らしい景観だ!
 姫鶴平の景観を引きずるように県道を東に進むと、最高点に五段城らしき山が見えてくる。五段城は四国百名山に数えられているが、その
 山頂を踏んだという記述を目にしたことはない。ただ、五段城から西に延びる尾根が県道の曲がり角に達した辺りの有刺鉄線が途切れた
 所から尾根伝いに登ると二等三角点の設置された山頂に到達できるらしいが・・・。
 五段高原を過ぎると、次は天狗高原だ。駐車場に車を停め、散策コースで東屋を目指す。東屋でドローンを飛ばす無粋な輩がいて、その
 煩さでゆっくりすることもできない。東屋を後にし、展望台へ。明日登山予定の天狗の森や宿泊予定の天狗荘が一望できる。
 ドリーネが点在する天狗高原を一周して駐車場に戻り、天狗荘へ。
 愛媛県と高知県の県境が建物を貫いている天狗荘。SNSに投稿するのか、観光客が次々と撮影に訪れる。
 展望浴槽に浸かりながら、疲れを洗い流して今日の終わりにする。  
五段高原 一番奥のピークが五段城
姫鶴荘と姫鶴平のイベント会場 オカリナの美しい音色が流れるイベント会場
草原に遊ぶ、三角テントとインデアン?の子供達
天狗高原駐車場 天狗高原東屋
天狗高原の石碑 ドリーネが点在する天狗高原 正面は五段城
天狗高原展望台 展望台から天狗の森と天狗荘
石灰岩の白さと草原の緑が美しい天狗高原全景 ツリガネニンジン
天狗高原を散策 のんびりと・・・・・
国民宿舎 天狗荘 県境標示
県境は駐車場へ そして天狗荘の中にも
ひとこと:白い石が緑に映えて一際美しい!
TOPページへ 山便りへホームへ 

osidori登山隊