おしどり登山隊                                             |山便りへ ホームへ 

 大満寺山(だいまんじさん):607.7m
        島根県隠岐町

 山の概要
   大満寺山は隠岐諸島の最高峰で標高607.7mの山である。山名は中腹にある寺の名に由来し、隠岐富士の
   別名がある。中国百名山のひとつで、一帯は大山隠岐国立公園に指定されている。
   大満寺山・鷲ヶ峰の登山コースは北側の尾根に位置する鷲ヶ峰登山道入口の中谷駐車場から大満寺山までの
   2.2kmの登山道が整備されている。途中には屏風岩といわれているおよそ80mの柱状節理が発達した断崖
   や、トカゲ岩といわれる切り立った断崖面を全長35mの巨大なトカゲがよじのぼっている奇異な光景を見ること
   ができる。
   
 Route Mapトカゲ岩登山口(中谷駐車場)から鷲ヶ峰・大満寺山をピストン
 Road Map西郷港から県道316号線・国道485号線を乗り継ぎトカゲ岩へ 

 2016年5月31日(火曜日)
  晴れ

 西郷港11:45.。。。。 12:25中谷駐車場12:35 → 12:40トカゲ岩展望台 → 13:00神原高原13:05 → 

 13:25鷲ヶ峰休憩)13:37 → 13:55南谷登山口 → 14:30大満寺山山頂14:50 → 15:10南谷登山口 → 
 15:40鷲ヶ峰 → 15:58神原高原 → 16:20登山口16:25。。。 。。17:05ホテル

 行動時間:3時間45分(休憩含む)
 昼食時間:ー分
この山行でやっと「中国百名山」完登
 大満寺山は中国百名山最後の山。誰もが最後まで残してしまうのがこの山だ。
 西郷港でレンタカーを借り、慌ただしく出発。船の中で持参の弁当を食べたので昼食の心配はない。レンタカーの事務所の
 人の忠告通り、県道316号線を通り、ダムの横を抜けて中村から国道485号線に入る。布施が近づくと鷲ヶ峰と大満寺山
 が見えてくる
。トカゲ岩の標識に従い林道に入ると3km足らずで中谷駐車場に着く。
 駐車場には休憩所やトイレが有る。バスが駐車しており、大勢の登山客が下山して昼食を採っている。NHK鳥取主催のハイ
 キングで20人ほどの団体だという。
 
 12:35出発。こんなに遅い山登りは初めてだ。(明日の朝からでは次の行程が上手くいかない!)
 休憩所の右手にある鷲ヶ峰登山口から入り、渓流を渡るとジグザグの登りになり、暫く歩くとトカゲ岩のビューポイントが所々に
 ある。ビューポイントからはトカゲ岩が杉木立の間から遠くに見える。(直線距離で約600m) そこから8分ほど進むと屏風岩
 展望所がある。更に2分程歩いて崩落場所を通過すると傾斜が増し、天然杉の巨木が聳える間を縫って登っていく。
 登山口から25分、傾斜が緩むとサイハイランの群生に迎えられ神原高原に着く。平坦な広場にベンチが2個設置してある。
 
フェリーからみた大満寺山 国道485号線布施から見た鷲ヶ峰(右)・大満寺山(左)
中谷駐車場 鷲ヶ峰・天然林登山口
橋を渡り杉林の中へ トカゲ岩展望台
トカゲ岩 鷲ヶ峰と屏風岩
崩落個所 天然杉の巨木
天然杉の巨木が茂る森を進む
サイハイランの群生に迎えられ神原高原へ

 小休止し、汗の引くのを待って鷲ヶ峰に向かう。明るい陽射しの下でカノコソウが咲き誇っている。
 しばらくはなだらかな稜線歩きだが、すぐに急登が始まる。
 鉄製の梯子やロープ場が連続する岩場が続く。この辺りのシャクナゲは既に終わっている。ヤマツツジが咲く、明るい岩場に
 出ると鷲ヶ峰はもう近い。隠岐シャクナゲの脇を抜けて回り込み、少し行くと三角点がある。
 三角点峰の先に屏風岩ビューポイントの道標がある。シャクナゲの咲く狭い道を進み、岩によじ登ると屏風岩が目の前に聳
 え、これから登る大満寺山が南側に見えている。
 
カノコソウ カノコソウの道を鷲ヶ峰へ
階段やロープの連続する岩場の急登
明るい岩場に出ると後一息
岩場に咲くヤマツツジ 鷲ヶ峰・四等三角点峰
隠岐シャクナゲの茂る岩を登る 展望岩から屏風岩を望む
展望岩から大満寺山を望む 眼下に広がる隠岐の森

 西瓜で喉を潤したら、大満寺山へ出発だ。ここから大満寺山までは1.2kmだ。
 梯子やロープの架る岩尾根の狭い道を岩をすり抜けながら下って行く。20分程で南谷登山口のある林道に降り立った。
 大満寺山の看板は無く、鷲ヶ峰から中谷駐車場までの立派な案内図が立っている。大満寺山より鷲ヶ峰の方が見所が沢山
 あるということだろう。
 林道を横切り、向かい側の大満寺山登山口から登り返す。山頂までは0.6kmだ。
 登山口の急坂を上がると、しばらくはなだらかな登山道だが、標高500m辺りから急登が始まる。それも猛烈な急勾配だ。
 傾斜が緩み、苔むした石がゴロゴロした道になると、間もなく山頂に着く。
 山頂には隠岐水産高校が創立30周年を記念して設置した方位盤と一等三角点がある。
 「中国百名山完登」の記念写真を撮り、ゆっくりと休憩する。山頂の木には我が後輩の「広大WV」の登頂記念のプレートが
 架っていた。
 下山は往路を引き返すことにする。 遅いスタートだったが、無事時間内に帰ることができた。
 
鷲ヶ峰三角点から大満寺山は1.2km 梯子の架る岩尾根を行く
南谷登山口に降りてきた 大満寺山に向けて登山開始
登山口を入ると緩やかな道が続く 標高500mを過ぎると急登が始まる
大満寺山山頂 角が丸くなった一等三角点 中国百名山完登の記念写真
広大WVの山頂プレート ハンショウヅルの花
ひとこと:最後の中国百名山、遠くて、長い時が過ぎてしまった!
ページTOP 山便りへホームへ 

osidori登山隊