おしどり登山隊                                             |山便りへ ホームへ 

 吾妻山(アズマヤマ):1238.4m・烏帽子山(エボシヤマ):1225.1m
 広島県庄原市

 山の概要
   吾妻山は広島県庄原市と島根県仁多郡奥出雲町との境にある標高1239mの山。吾妻山と大膳原を鋏んで
   対峙するのが烏帽子山で標高1225mの山である。この一帯の山は比婆帝釈国定公園に属している。
   伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が比婆山に眠る伊邪那美命(いざなみのみこと)を「ああ、吾が妻よ」と山頂に
   立って生前を偲んだことが山名の由来とされている。
   登山口には国民休暇村がある。  ー「ウィキペディア」よりー
   
 
Route Map 国民休暇村ロッジから登り、吾妻山・烏帽子山へ、帰路は南ノ原を廻ってロッジに下山
 Road Map 松江道高野ICから国道432号線Cへ。王居峠を越えて左折し県道255号線で吾妻山国民休暇村へ
 今までの吾妻山:2014.08.132011.10.082009.10.24
 、
 秋の花咲く草原が広がる吾妻山
  
今年は夏以降、花と縁が無い山ばかり登ってきた。まずは秋の花咲く吾妻山へ登ることにする。
  (登山のレポートは前回までの記録を参考にして頂きたい。)  

 2015年10月4日(日曜日)
 曇りのち晴

 ホーム6:30  9:05吾妻山ロッジ駐車場9:15 → 9:38休憩所9:45 → 10:04吾妻山山頂10:15 → 

 10:55横田別れ → 11:25迂回路分岐11:30 → 11:38烏帽子山頂(昼食)12:49 →  12:53横田分れ →
 13:16吾妻山山頂分岐 → 13:52南尾根分岐 → 14:14駐車場14:20.。。 。。17:35ホーム

 行動時間:4時間59分(昼食、休憩時間含む)
 昼食時間:1時間11分
「比婆山古道」の登山口 吾妻山ロッジ駐車場
小坊主の斜面を彩るマツムシソウとウメバチソウの群落
・・・・・・・・・・・
草原を登り詰めると急な登山道に変わる ここからはイヨフウロとアキノキリンソウが足下を飾る
ヤマラッキョウ アザミ カワラナデシコ
トリカブト シロヨメナ マムシグサ
 
山腹に付けられた道を登ると山頂 ガスの中にの登山客の影が見える
リュウノウギク ホソバヤマハハコ
南尾根を進み、大膳原分岐で尾根から別れ、大膳原に降りて行く
ススキが伸びた大膳原を気持ちよく風が渡る。
前方には烏帽子山、比婆山御陵のなだらかな山容で並んでいる
リンドウ ウメバチソウ
横田別れ 烏帽子山山頂
吾妻山を背にした、いつもの撮影ポイントを過ぎ、少し下ると鞍部の横田分れに着く
横田分れからの登りは、いつもきつい。烏帽子山迂回路の分岐まで来るとホッとする。
ここからは傾斜も緩み、烏帽子山山頂までは200mと近い。
石のゴロゴロした道を登ると大きく開けた烏帽子山山頂に着く。
烏帽子山山頂。登山客が次々と登ってきては通過していく。少し早いが昼食にする。
やっとガスが切れ、晴れてきたが強い日差しも無く、渡る風が心地よい。
烏帽子山と御陵 吾妻山
ススキが美しい大膳原を見下ろす烏帽子山、御陵と吾妻山
吾妻山分岐からトラバース道へ
いつ歩いても気持ちのいい、美しいブナの森が広がる南ノ原へのトラバース道
 
池ノ段 福田頭
樹林帯を出て展望が開けると池ノ段に続いて福田頭が見え出す。やがて吾妻山南尾根からの道が合流してくる。
南の原を過ぎるとサワグルミの巨木が茂る道となり、やがてキャンプ場の屋根が見え出す。
車道から右に入り、大池、ひょうたん池を見て、明るい草原の池ノ原に出るとそこはロッジの裏だ。
駐車場は満杯状態。爽やかな秋の休暇を美しい高原で過ごす、素敵な休暇だ!
 ひとこと:次はどこの山へ?      
ページTOP 山便りへホームへ 

osidori登山隊