おしどり登山隊                                             |山便りへ ホームへ 

 高山(たかやま)319.9m
  山口県長門市仙崎

 山の概要 山口県の北部、北長門国定公園の中枢である青海島にある標高319,9mの山である。
         旧日本軍の軍事施設が残る山頂からは360度の展望が開ける。又、麓には砂州の波の橋立に囲まれた青海湖
         がある。
 Route Map:青海島高山オートキャンプ場から往復
 Road Map:青海大橋を渡り高山オートキャンプ場へ
 
 2013年3月21日(木曜日)  晴れ
 ホーム8:30.。。。。。 11:05秋吉台サファリランド12:25 。。。。。13:10青海島探勝路14:10 。。。。。 
 14:25高山オートキャンプ場登山口14:30 → 14:55高山山頂15:10 → 15:28駐車地 。。。。。15:40仙崎15:50 
 。。。。。 16:05ホテル

 行動時間:58分(休憩含む)
 昼食時間:

 青海島の最高峰は360度の絶景
 今日は盛りだくさんの予定だ。それなのに野暮用で出発が遅れた。
 まずは抽選で手に入れた入場券で秋吉台サファリへ、次が青海島海上アルプス散策、高山ハイキング、義母の故郷仙崎に
 立ち寄り伯母の元気な姿を見てホテルへ、これが今日の予定だ。
 高山へは青海大橋を渡り、左に曲がりしばらく行くと波の橋立と青海湖がある。残念ながら写真を撮るのを忘れた。オートキ
 ャンプ場を目指して林道を進み、キャンプ場の先にある広くなったカーブのところに駐車した。
 舗装はすぐ終わり、地道の林道になった。足下にはスミレやキランソウが咲き、もうすぐ春爛漫の季節も近い。
 日差しの強い林道には「あと700m」「あと300m」の標識が立っており、広くなった林道の終点には「あと140m」の標識が
 ある。ここからは山道になり、濃い樹林の中に入っていく。傾斜が急になると間もなく山頂に到着する。山頂には旧日本軍の
 軍事施設と三角点が設置されている。山頂からは360度の展望が広がっている。日本海に突き出た大門・小門の絶壁、目を
 転ずれば仙崎市街と波の橋立と素晴らしい景色だ。
 登り30分下り20分の手軽なハイキングながら素晴らしい風景には感動させられた。
 
キャンプ場上の駐車地 そのまま林道を登る
スミレ キランソウ
明るい日差しのなかを登って行く 
林道終点から「あと140m」の標識 ここからは急な登山道
旧日本軍の監視塔 三角点
山頂から日本海側の青海島海岸
山頂から仙崎の町並み
番外編 秋吉台サファリ
番外編 青海島海上アルプス
 

 十年余り前、遊覧船で島を一周したことがあるが、陸上から海上アルプスを眺めたのは初めて。
 唯々、絶景に感動するばかり。青い空と碧い海、岩に砕ける白い波のコントラストに魅了されて歩いた感動の1時間だった。
 
船越
カモメ岩・十六羅漢・変装行列
象の鼻
 
 カモメ岩
 
 ひとこと: こんな素晴らしい景観を持ちながら寂れているのが残念。 洋上レストランで食事をしたのが懐かしい!
ページTOP 山便りへホームへ 

osidori登山隊