おしどり登山隊                                             |山便りへ ホームへ 

 花見山(はなみやま):1188.0m・
 鳥取県日南町

 山の概要
   岡山県北西、新見市千屋花見と鳥取県日南町にまたがる中国山脈の一角にあり、1000m級の八つの連山
   の最高峰である。山名は千屋花見からとった。別名小栗ヶ山(おぐりがせん)とも呼ばれていた。
   山頂には一等三角点が設置され、三角点からの展望は360度の絶景が広がる。西に大倉山、北に伯耆大山、
   島根半島を望み、はるかに隠岐の島まで眺められる。 −「ヤマケイ 日本の山1000」からー
      
 
Route Map 花見山スキー場から登り、山頂を往復
 Road Map 中国道新見ICから国道180号線を北上し、県道111号線で花見山スキー場へ
  
 紅葉とマツムシソウ、冠雪の大山に感動
  
紅葉の季節真っ只中、大山とか比婆山はさぞ賑やかなことだろう。今週もマイナーの山に出かけて静かに紅葉を
  楽しんでこよう。でも少しの出会いもあればもっと楽しいかも。
  そんなことで今回は岡山県境の二山、花見山と剣山(つるぎさんじゃないよ)を訪ねることにする。
  新見市千屋実から花見山スキー場への県道111号線は狭まくて離合困難とあったが1車線ながら十分離合できる
  幅員だ。桑平峠には赤石山登山口の標識があり、登山口には1台車も停まっている。赤石山は地図には表記がな
  いが、1110.8mの三角点の山だろう。
  峠から下っていくと花見山の標識があり、そこから右折してスキー場に登っていく。
  真っ赤に紅葉したドウダンツツジに迎えられスキー場の管理道を進み、舗装路終点にまで到着する。
  管理道の終点に駐車し、スキー場の草原に入っていく。

 2012年11月4日(日曜日)
  晴

 ホーム6:00。。 。。スキー場管理道終点8:45 → 9:02花見山探勝歩道入口9:05 → 9:17 1146mピーク → 
 9:43花見山山頂10:03 → 10:33花見山探勝歩道入り口 → 10:44駐車地10:50。。。 。。11:15明地トンネルへ

 行動時間:1時間59分
 昼食時間:20分
花見山スキー場入り口の標識 真っ赤に紅葉したドウダンツツジの歓迎を受ける
管理道の終点 AM8:45  出発

 ゲレンデに入ると一面のマツムシソウ。最盛期は過ぎているが、薄紫の可憐な花が紅葉に負けじと花開いている。こんな見事
 なマツムシソウの群落は見たことが無い。
 お花畑の左側を歩いていくと、ゲレンデから分かれて坂道になるが、周囲に広がる紅葉や、突然現れる冠雪した大山に出会う
 など、楽しい景色にるんるん気分で登っていく。高度をあげていくと眼下にパッチワークのような美しい風景が展開する。
 
ケレンデ一面に広がるマツムシソウは圧巻
ゲレンデを離れて、リフトの最上部を目指し、高度を上げると美しい景色が・・・・・
ゲレンデから大山の姿

 リフト終点で暫く美しい風景を楽しんだ後、花見山探勝歩道に入る。遊歩道に入ると足下は美しい落ち葉の絨毯となり、フカ
 フカの落ち葉を踏みしめて進んでいく。緩やかな登りから横木の階段になり、ゲレンデから見えていたピークに着く。少し下って
 いくと木の間越しに花見山の山頂が見え隠れしている。 一旦下り、少し登り返せば花見山まで0.6Kmの標識。
 どこまでも続く落ち葉の絨毯の上を進むと横木の階段が現れ、少し傾斜が急になる。頭上を覆っていた樹林が無くなり周囲の
 展望が開けてくると歩いて来た稜線を振り返ることが出来る。階段に被さる小木を払いながら登っていくと東屋の立つ花見山
 の山頂に立つ。山頂から見る大山はことのほか美しく、今日の山旅に限りない満足を与えてくれる景色だ。振り返って西側の
 展望は、近くに大倉山(1112m)、後ろに鬼林山(1031m)そして遥か彼方に船通山を初めとする中国山地の山々を見渡す
 ことができる。
花見山探勝歩道入り口
紅葉の絨毯の登山道
花見山
花見山まで0.6KM標識 何処までも続く落ち葉の絨毯
低い潅木を進めば間もなく山頂
花見山山頂 山頂から見る大山
山頂から西方の眺め  手前大倉山・鬼林山から遠く中国山地の山々

 東屋で景色を眺めながらコーヒータイムをしていると、三々五々とハイカーが登ってくる。
 三年前に亡くなった奥様の写真と一緒に大山を撮影する山口の人、夫婦連れ、単独の男性と静かな山頂もいくらか賑やかに
 なってきた。最後にもう一度大山の展望を眺めたあと、名残惜しいが山頂を後にする。
・・・・・・ 花見山の尾根を下っていく
神戸上から眺める花見山
 ひとこと:素晴らしい風景に感動!      
ページTOP 山便りへホームへ 

osidori登山隊