おしどり登山隊                                             |山便りへ ホームへ 

 猿政山(サルマサヤマ):1267.7m
  島根県奥出雲町仁田

 山の概要 猿政山は広島県と島根県の県境に聳える一等三角点の山だ。比婆山連峰から西の方向にひときわ
    切り立ち、その特異な山容は他を圧するようだ。また春の花の季節にはサンカヨウ、ヤマシャクヤク、ササユリ、
    オオヤマレンゲ等が咲き植生の豊かな山である。
    登山道は島根県からの内尾谷コースと広島県側のコースがあるが広島県からのコースは地区住民とのトラブル
    により閉鎖されている。ただ最近、俵原林道から南尾根を登るコースで登山する人がいるが正式に許可された
    ものかどうかは分からない。
         
 Route Map 内尾谷林道を歩き登山口へ、登山口から山頂を往復
 Road Map  高野町新市交差点を左折して国道432号線を北上し、王貫峠を越え可部屋集成館へ、さらに内尾谷
          林道を2kmほど走った辺りに駐車場あり               

 2011年11月26日(土曜日)
  快晴 

 ホーム6:00.。。。。。 8:50猿政山駐車場9:00 → 9:16車止め → 9:23沢渡渉 → 9:48林道分岐 → 

 10:20登山口10:30 → 10:39尾根 → 10:50 1077mピーク → 11:07急登始まり  → 11:48南尾根 → 
 11:56山頂(昼食)12:36 → 12:48南尾根分岐 → 13:55登山口 → 14:49駐車場15:00。。。。 18:00ホーム

 行動時間:5時間49分(休憩、昼食時間含む)
 昼食時間:40分
 長い林道歩きの先は・・・
 
いよいよと言うか、やっとと言うか、ついに猿政山に登る気になった。長い林道歩きと藪漕ぎ、そして何より険しい懸崖の登り、
 猿政山は人を拒む厳しい山だ。またそれが猿政山の醍醐味でもある。
 高野町から王貫峠を越え、4kmほど行った所に可部屋集成館がある。集成館の駐車場を右に過ごし、集成館前の橋を渡る
 と内尾谷林道の入り口だ。腹を擦りながら2kmほど奥にはいると「猿政山駐車場」がある。5〜6台は停まれるだろう。すぐ近
 くには熊檻もあり「クマ出没注意」の看板が現実味を帯びている。
 テレビドラマのロケ地を過ぎ、廃屋の点在する林道を15分ほど行くと「関係者以外立入禁止」の看板と共に車止めの鎖があ
 る。沢を渡り、いよいよ熊のいそうな深山に入っていく。林道とはいえ傾斜がきつく、広い登山道といった感じがする。登山口
 から50分ほどすると林道が二手に分かれる。ここは右手の方に進み、尾根を回りこむと展望開けが大万木山、吉田毛無山、
 鯛ノ巣山の山並みが見えてくる。行く手には切り立った猿政山が990m独標と共に聳えている。駐車場から1時間20分、林
 道終点にある登山口についた。第一の関門「長い林道歩き」が終った。
国道432号線から可部屋集成館へ 紅葉が盛りの集成館前の橋を渡ると・・・
 内尾谷林道は直進する 猿政山の案内は倒れている 9:00 2kmほど入ったところに登山者用駐車場がある
 TBSドラマ ロケ地(ここに登山届けを出す) 廃屋の残る林道を歩いて行く 
9:16 立ち入り禁止の看板を車止めの鎖 9:23 ぐらぐらする石を踏んで清流を渡る
 
白い落ち葉がタイルのようで美しい 林道脇の樹林が切れると切り立った猿政山の威容が・・
 大きなゆったりとした大万木山、その右に毛無山 斜面が白いぞ!? 
土砂崩れが修復された林道。正面は猿政山 10:20 林道終点の登山口、小さな標識があるだけ
  ウォーミングアップは十分、エネルギーを補給して、登山道に取り付く。 杉林の急斜面、掴む物を探しながら登って行くと
 次第に雪が出てきて歩きにくい。それでも10分程で稜線に出る。まずは横演習といったところか?
 稜線にでると右折して、笹に覆われた道になるが踏み後はしっかりしている。葉を落としたブナの間から吾妻山や立烏帽子山
 等の比婆山連峰を左手に見ながら、なだらかな尾根道を進んで行く。猿政山の東斜面が近づいてくると笹が消え、羊歯に覆わ
 れ苔むした山肌が雪で白くなっている。 次第に傾斜が増してきて、懸崖のような急斜面を仰ぎ見る。木の根やロープを掴み
 足元を確認しながら体を引き揚げていく。 帰りが心配だ!
 南尾根の稜線に上がると広島側からの登山道と合流する、赤いテープが賑やかに巻いてある。ここは右折して、痩せ尾根を
 笹を掻き分け登って行くと山頂部の東端に着く。左に曲がり暫く行くと大きな一等三角点が迎えてくれる。山頂は空木や雑木
 に囲まれて狭い。雑木越しに山頂に雪を頂いた大山や船通山を見ることが出来る。今日の登山者は広島側から登られた3名
 を含め6名。素晴らしい天気を称えながら昼食。今日はラーメンと巻き寿司そして食後にコーヒー
登山口から杉林を急登  山頂直下の急登に備え10分ほどの練習、アキレス腱が伸びた!
10:40 尾根に出ると、肩までの笹漕ぎ 吾妻山や立烏帽子の比婆山連峰を見て進む
雪の残る急登に悪戦苦闘  11:56 狭い猿政山山頂  雑木越しに見える冠雪した大山、手前に船通山
  帰途は来た道を下山。笹の尾根道を下り、南尾根へ。そして急斜面への分岐。気を引き締めて下り始める。笹や木の枝を
 掴み、そしてロープにぶら下がり、何も無いところは尻を着けて。傾斜が緩くなり鞍部まで降りるとホッとする。山頂から1時間
 20分林道に下りた。登り、下りとも予定より20分ほど余分に掛かったが無事厳しい関門を通過できた。
 あとは晩秋の柔らかな陽を浴びながら林道を下って行くだけだ。熊に会うことも無く駐車場に帰りついた。
 下山後は高野町に戻り、りんごを買い求めるという恒例の行事だけだ。今年もりんごは不作とのことだった。
 
南尾根の分岐 ここから急斜面  よし!と覚悟を決めて下り始める 
   
安全第一!時にはお尻を着いて  ロープに頼って谷底へ 
 
1077mピーク辺りのブナ林  植林帯の上部は全てブナ 
 
柔らかい晩秋の日差しを浴びて 気持ちよく下って行く 猿政山を振り返る 左の鞍部辺りに登って行く 
   
14:49  怖かったような、楽しかったような猿政山  ヤブムラサキ?    
 ひとこと:久々にあちこちの筋肉が痛い。    
ページTOP 山便りへホームへ 

osidori登山隊