おしどり登山隊

★ 右田ヶ岳(426m)  天徳寺コースから塚原コースへ
 ■ ホーム へ

 ■ 山便り

 ■ 年別山便り

 ■ 地域別山便り

 ■ 風便り(ブログ)

 ■ リンク

2010年1月30日(土曜日)        ルート図はこちら
■ 天候: 晴れ
■ アプローチ:防府東ICより国道262号線を北へ、二つ目の信号を右折して右田小学校へ
■ 登山口:天徳寺登山口
■ 駐車場:右田小学校登山者用駐車場
■ お弁当:右田ヶ岳山頂
■ 登山道:天徳寺コースは岩多し
コース
ホーム7:00。。。。。 9:05右田小学校駐車場9:10 ⇒ 9:40前岳9:43 ⇒ 10:25鞍部分岐 ⇒ 
10:28西峰10:32 ⇒ 10:42右田ヶ岳山頂(昼食)11:40 ⇒ 11:44塚原分岐 ⇒ 12:30塚原登山口
⇒ 12:44駐車場12:50.。。。。 15:00ホーム

登山時間:3時間39分(昼食含む)
昼食時間:58分
レポート
 右田ヶ岳は防府市の北にあって人気のある岩塊の山だ。今日は天徳寺から登り、勝坂コースを下り、勝坂
尾根コースを登り返し、山頂から塚原コースを下山する予定だが、、、、、。
 右田小学校の登山者用駐車場はすでに満車状態、人気の程が分かる。登山口は小学校の西側の天徳寺
参道を進み山門に入っていく。天徳寺の背後に聳える前岳(石船山)は、忠海の地蔵院の後ろの黒滝山に
そっくりだ。境内の左に登山道の標識がある。歴代住職の墓石群をすぎると階段の登山道となり、溝状の道
を暫く行くと観音堂、そして磨崖仏と、これも黒滝山と同じだ。ただ仏の顔は黒滝山の方が優しく親しみがもて
る様な気がする。
 大きな岩の間や溝状の道を縫うように登っていくが、次々抜かれる。いったい何人に追い越されたのだろう
か、やっと194mの前岳に到着。副隊長は平気な顔をして登ってくる。前岳から右田ヶ岳の岩峰を見て今日
の予定を変更することにした。 それは険しく、あまりにも遠くに見えた。
 ここは白木山と同じだ。回数を競う競技の山だ!それに惑わされてペースを乱し、息があがってしまった。
 あとは山頂まで慎重に、ゆっくり登ろう!
天徳寺、後ろは前岳(忠海の黒滝山とそっくり) 境内横の登山口から墓所をすぎると階段の登山道
大きな石灯篭 ここから磨崖仏が点在し始める
磨崖仏の群 右田ヶ岳を背に前岳山頂
溝状の登山道 この岩を回れば前岳(石船山)頂上 右田ヶ岳はまだ遥か彼方
 石船山からいったん鞍部に下り、暫く平坦な道を行く。(ここで調子をもどさなくては、、)やがて目の前に
右田ヶ岳が迫ってきて急登が始まる。しんどかった石船山もいつの間にか遥か下に見え、右田ヶ岳の岩肌が
目前に近づいてくる。(調子は戻ってきたようだ!) 道が西の峰をまき始めると傾斜も緩くなり、まもなく西峰
と中峰の鞍部に着く。
 鞍部を左に行くとすぐ西峰に着く。西峰からは西目山、楞厳寺山が、、。 断念した勝坂コースの大岩が、。
 朝一緒にスタートしたご夫婦が大岩のところを登ってくるのが見える。 速い!
 右田ヶ岳の主峰まで10分程、写真で馴染みの国旗が翻っている。 眼下には防府市街の大展望が広
がっている。昼には早いせいか、静かな山頂だ。ここでは誰も弁当は食べないみたいだ。登ってきては足早
に降りて行く。
 我々は下界を見下ろしながら早い昼食にする。各登山コースの尾根がよく見え、下山予定の塚原コースを
次々登って来ている。こちらのコースからは団体、夫婦、子供づれ、犬連れと賑やかに登頂してくる。
 賑やかな山頂を後に下山。山頂直下の急な下りを過ごし東峰へ、さらに下り塚原分岐を右にとり尾根道を
下って行く。振り返って仰ぎみれば岩を散りばめた右田ヶ岳の岩峰が、そしてその直登コースを登る人影が
見える。  いつかはと思うが、、、、。
 塚原コースは岩場が少なく、平坦な尾根道もあり、天徳寺コースより楽なように思う。
 直登コース分岐を過ぎ、天徳寺コースの稜線が見える明るい尾根道から樹林帯のなかへ、そしてやがて
海宝寺跡の塚原登山口に出る。
 暖かくて最高の天気! 楽しい一日でした。
前岳を見下ろせる場所まで登ると 右田ヶ岳の岩峰が迫ってくる
大岩を振り返る 鞍部の分岐
西の峰から西目山 勝坂コースの大岩、傍にふたりずれの登山者
右田ヶ岳山頂 登ってきた天徳寺コースを見下ろす
山頂から見る登山コース 塚原登山口分岐
下山道から振り返ってみる山頂 直登コースの岩場にも人が
のんびり下る明るい道 直登コース分岐
塚原登山口(海宝寺跡) こちらの登山口にも車が駐車

      ひとこと:
岩場の登りはことのほか疲れる、修行が足りないのか?、ダイエット不足か?
            抜かれた人の多さに唖然とするばかり!

    



osidori登山隊