おしどり登山隊

★ 三徳山投入堂
 ■ ホーム へ

 ■ 山便り

 ■ 年別山便り

 ■ 地域別山便り

 ■ 風便り(ブログ)

 ■ リンク







2008年4月20日(日曜日)
■ 天候: 曇り時々晴れ
■ アプローチ:問題なし     
■ 登山口:三仏寺参道
■ 駐車場:無料の駐車場あり
■ お弁当:三朝温泉
■ 登山道:登山(金具の付いていない登山靴がいい

コース
三仏寺参道入り口階段13:00 ⇒ 13:18宿入橋 ⇒ 13:53文殊堂 ⇒14:02地蔵堂 ⇒
14:07観音堂 ⇒ 14:09投入堂14:12 ⇒ 14:47本堂 ⇒14:50受付案内所 ⇒ 15:00遥拝所
歩行時間:2時間00分(休憩含む)
昼食時間:






レポート
今回は運転時間を考慮してバスツアーにした。8時広島駅を出発、山陽道、中国道を経て院庄IC
から一般道を三朝温泉に向かう。院庄ICを出ると前方に登山意欲をそそられる1000m級の山々
が現れる。泉山1209mを正面に、それが右手に見え出すと鏡野町奥津温泉だ。
花知ヶ山1247m、三ヶ上1035mの山並みを右手に過ごすと人形峠だ。きたけ峰の森林公園は
山塊のなかでよくわからない。
三朝温泉でミニ懐石をいただく。寺の精進料理の代わりに急遽用意したらしい。これがラッキー、
美味しすぎて食べ過ぎた。山登りには堪えるとわかっていながら。ここから三徳山まで10分。
参道入り口の急な階段を登ればトイレのある受付案内所、寺坊の間の階段を進み、磨り減った
階段を登ると本堂前、今は改修中だ。
本堂裏で服装(特に履物)チェックを受け、六根清浄のたすきをいただき、赤い門を潜れば、
修験者として投入堂への険しい道を進むこととなる。
三仏寺入り口階段 三院横の階段 磨り減った階段
赤い戸の山門 宿入橋
昨日までの雨で道はぬかるみ、滑り易い。45人のパーティの後ろに付いた為、遅々として進ま
ない。かずら坂の終わりごろ20人程追い抜く。鎖坂でも長い待ち時間、迂回路を行くものもいる。
鎖は難なくクリア。文殊堂、地蔵堂をを過ぎてやっと団体さんを抜く。牛の背、馬の背をを抜けると
小さな納経堂に着く。ここから岩窟が始まり、観音堂の暗い体内を出、岩を回ると断崖の窪みに
千年の歴史を纏った神秘のお堂、投入堂がその端正な姿で静かに佇んでいた。
二人だけでここにいられるのが不思議な気がした。
三仏寺では今日が祭りだった。衣冠束帯、鎧武者に身を窶した行列が神輿を中心に階段をおりる
そうだ。そういえば今日は出雲大社でも59年ぶりの御神体の移動があり、神事が行われるそうだ
下のかずら坂 上のかずら坂 鎖坂 文殊堂の鎖

文殊堂の縁側(外傾斜でスリルがある) 地蔵堂
鐘撞堂
牛の背馬の背
納経堂 観音堂
三徳山投げ入れ堂 祭りの様子
祭りの様子


HOME 山便り ページTOP


osidori
登山隊