おしどり登山隊

★ 呉婆々宇山682m)
 ■ ホーム へ

 ■ 山便り

 ■ 年別山便り

 ■ 地域別山便り

 ■ 風便り(ブログ)

 ■ リンク







2007年10月18日(木曜日)
■ 天候: 晴れ
■ アプローチ:問題なし     地図
■ 登山口:水分峡登山口
■ 駐車場:水分峡駐車場
■ お弁当:山頂
■ 登山道:良く整備された登山道

コース
駐車場8:50 ⇒ 9:00水分神社 ⇒ 9:10東屋 ⇒ 9:22道隆寺分岐 ⇒ 9:40岩屋観音9:45 ⇒
10:12高尾山 ⇒ 11:10岩屋分岐11:05 ⇒ 11:27呉婆々宇山山頂 12:50 ⇒ 13:27展望東屋 ⇒
13:43草摺の滝13:50 ⇒ 14:00水分神社 ⇒ 1410駐車場
歩行時間:5時間20分(休憩含む)
昼食時間:1時間23分






レポート
管理事務所の横を水分峡へ舗装された道を行き、水分神社左手の階段の途中から「岩屋観音」の標識に
従い、左の登山道に入り、10分で休憩所の東屋、さらに10分で尾根道の分岐に着く。このあたりから
花崗岩の風化した、もろく滑りそうな道を登ると、石段にでる。この階段を登ると岩屋観音跡に出る。歴史
に思いを馳せながら一息入れる。
これから高尾山までが、このルートで一番の見所だ。観音跡の横から急な石段を行き、岩をよじ登れば
岩屋観音の山頂、広島市内から遠くは冠山の展望を楽しみ時を忘れる。さらに岩場は続き、岩の間を
縫うように行くと高尾山に着く。展望はなく岩に刻印がなければ見逃してしまいそうだ。
ちいさなピークをいくつも越え、二つ目の鉄塔を過ぎると岩屋分岐、左に曲がり10分で右手にバクチ岩が
現れる。緩やかな尾根道を20分ほど行くとマイクロウェーブのところに出る。横をすりぬけて行くと頂上に
出る。下刈りをした頂上の林の中で昼食。
帰りは眺めも悪く、車道を4回も横切るBコースを下った。岩屋観音を下ればよかった。
草摺の滝の道を一人で整備している人がいた。ぜひ通ってみてくれと言う事で刈り込まれた道を滝まで
行った。こんな奇特な人がいるものだ。公園の管理が悪いので見かねたのだろう。
水分峡駐車場 登山口
階段の途中から左へ 東屋
登山道 岩屋観音参道の階段
岩屋観音跡
岩屋観音横の登山道ここから岩場になる
岩の上の観音様 高尾山
岩屋分岐 呉婆々宇山山頂
展望東屋 草摺の滝


ホーム 山便り ページトップ

osidori登山隊