おしどり登山隊                                             |風便りへ ホームへ 

 熊野古道(くまのこどう)は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称である。熊野古道には、
 紀伊路(渡辺津〜田辺)、小辺路(高野山〜熊野三山70km)、中辺路(田辺〜熊野三山)、大辺路(田辺〜串本〜熊野三山 120km)
 伊勢路(伊勢〜熊野三山 160km)、熊野奥駈道(吉野〜熊野三山)があり、これらの多くは、2000年に「熊野参詣道」として、国の史跡
 に指定され、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産に登録された。(なお、登録に紀伊路は含まれていない)
 熊野三山は、天皇から貴族、庶民に至るまで、あらゆる階層の人々の信仰を集め、室町時代には、「蟻の熊野詣」と言われるほど、凄ま
 じい参拝者の大群であったが、明治末に布告された「神仏合祀令」により、熊野詣の風習もほとんどなくなった。
 今なお、かっての面影をとどめる熊野古道。道端にひっそりと佇む古人が休憩したであろう王子跡は、いつの時代にも旅人の心のより
 どころとなってきた。その道のりは、苦しみが多いほどご利益も大きいと言われ、こぞって田辺から山中に分け入る険しい中辺路を好ん
 だと言われている。
 熊野九十九王子は、熊野に詣でる上皇や女院の休憩所となったところで、滝尻王子から熊野本宮大社に至る約38kmの間に19の王
 子が点在している。 なかでも滝尻王子は熊野の霊域への入口といわれ、人々は万感の思いを込めて、ここから続く険しい坂を登った
 ことだろう。景色のよい高原の里で少し休憩し、ここから山中に深く分け入ります。上多和茶屋跡から大坂本王子へ下り、箸折峠の牛馬
 童子を経て、清流日置川を渡ると近露王子の到着です。ここで一泊して本宮大社に向かうのが一般的です。近露を旅立ち、野中の一方
 杉を経て、中辺路の難所、女坂・男坂、三越峠を越え、発心門王子に向かいます。ここからは比較的起伏の少ない道が続きます。
 水呑王子、和泉式部のエピソードを伝える伏拝王子などを経て、緑の木立が爽やかな古道を抜けると熊野本宮大社へはあと一息です。
  
5月13日(月)

滝尻〜近露王子     13.0km
5月14日(火) 

近露王子〜発心門王子
 18.3km
5月15日(水) 

発心門王子〜本宮大社 7.7km
5月16日(木) 

大門坂〜那智大社〜那智大滝
                2.7km

ページTOP 風便りへホームへ 

osidori登山隊